育毛剤を購入する時はお店の店員に聞いてみよう

育毛剤を購入する時にお店に行った時には、自分で選ぶというのも1つの方法ですけど、どの育毛剤がお勧めなのか、効果があるのかというのはなかなか分からないものです。

そこで、お店の育毛剤に詳しい店員に聞くようにします。

特に専門店であれば、詳しい店員がいますので、その人にアドバイスをもらう事によって、どの育毛剤が効果が一番期待できるのか分かります。

店員によっては、詳しく説明してくれる人もいますので、助かります。

もちろん、自分の髪の毛の状態や悩みなどを言いながら相談する事によって、それに適したものを選んでくれます。

店員のアドバイスをもらう方が、自分にとって効果がある育毛剤を購入できる可能性が高くなってきます。

育毛剤が入っている箱の説明文を見ただけでは詳しく把握するのは難しい事もあります。

特に育毛剤を使用した経験がない人からすると、迷ってしまいます。

詳しい店員からアドバイスを受ける事が大事になってきますので、なるべく育毛剤に力を入れている専門店やお店で購入するようにします。

育毛剤の種類が少なく、そこまで力を入れていないお店ですと、育毛剤に詳しい店員がいない可能性もありますので、良いアドバイスをもらう事ができないです。

主流となっている育毛剤の有効成分

現在、主流となっている育毛剤の有効成分には、ミノキシジルやフィナステリドといったものがあります。

ミノキシジルは、血管拡張剤として、当初は高血圧の経口薬として用いられていました。

後に発毛効果があることが分かり、現在では、外用薬の育毛剤の有効成分としても利用されるようになりました。

日本においては、一般医薬品として大正製薬から発売されている「リアップ」に配合されています。

フィナステリドは、前立腺肥大症や前立腺がんの治療のために開発された薬です。

男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンの働きを阻害する効果があることから、こちらも飲むタイプの育毛剤として利用されるようになりました。

日本においては、MDS株式会社のプロペシアが医療機関で処方されています。

いずれの有効成分も、男性型脱毛症に非常に効果があるとして注目されています。

ただ、いずれの有効成分においても、副作用が起こる場合があります。

ミノキシジルの一般的な副作用には頭皮の痒みの他、頭痛、皮膚の紅潮、不整脈、しびれや痛み、むくみ、性欲減退などの症状が発生することがあります。

フィナステリドにおいても、勃起不全、性欲減退、吐き気、倦怠感、じんましん、肝機能障害などが起こる場合があります。

育毛剤を選別する基準と問い合わせ方法の充実度

育毛を心がけるとなると、いわゆる専用の薬剤を選ぶケースがほとんどです。

育毛剤などは、そのためによく用いられています。

しかし育毛剤を使うにしても、まずは商品の選別が必要になるでしょう。

できるだけ良い商品を選びたいものですが、その際には比較をするケースがほとんどです。

それぞれの商品を色々な基準で比べてみて、最も良さそうなタイプの育毛剤を選ぶ事になります。

どのような基準で比較をすれば良いかというと、サポートの充実度です。

とりわけ電話番号などは、実は案外と大きなポイントになります。

育毛剤の会社によっては、フリーダイヤルを完備しています。

実はそれが完備されていない育毛剤の会社は、意外と多いのです。

つまり固定電話の料金は、顧客側が支払う事になります。

ところがきちんとした育毛剤の会社ならば、フリーダイヤルなども完備しています。

中にはコミュニティサイトなどで、問い合わせを受け付けている育毛剤の会社もあります。

そしてフリーダイヤルが完備されている会社に限って、多くの方々からの評価が高いです。

ですので問い合わせ窓口の充実度などは、実は育毛剤を選ぶ上で案外大切なポイントになる訳です。

基本的には、問い合わせの手段が多い製品を選ぶと良いでしょう。関連:IQOS(イクオス)口コミを大公開@圧倒的な効果を体験レポート

ヘアサロンによる育毛剤がおすすめの理由とは

私たちが日常的に利用するお店の一つは、ヘアサロンです。

美容に関わるとても重要なお店ですが、1ヶ月に1回くらいの頻度で足を運ぶ方が多いです。

そしてヘアサロンで勤めているスタッフの方々は、毛髪に関する知識は非常に豊富です。

毎日のように髪の毛に触れている訳ですから、自然と知識も深まる傾向があります。

ところでヘアサロンには、実は育毛剤に関するメリットもあるのです。

なぜならサロンによっては、独自の育毛剤を販売しているからです。

ヘアサロンの育毛剤には、まず価格に関するメリットがあります。

通信販売などでよく見かける育毛剤に比べると、かなり安価な商品が多いです。

育毛剤を使うとなると、価格は非常に大きなポイントになります。

やはり格安な商品の方が、長く使い続けられるからです。

コスト面の意味では、ヘアサロンによる育毛剤はおすすめと言えます。

またヘアサロンがそれをお勧めしている事も大きいです。

前述のようにヘアサロンは、髪の毛の専門家になります。

その方々のお墨付きの育毛剤なのですから、その効果も期待できるのではないでしょうか。

つまりヘアサロンが販売している商品は、費用対効果が良いと考えられる訳です。

ですので抜け毛が気になる時には、サロンによる育毛剤はおすすめです。

適切な育毛剤を選べば数日程度で効果が現れる

育毛剤という商品は、個人差が非常に大きいと思います。

人によってはとてもスピーディーに効果を発揮していますが、その逆になかなか効果が見られない方々もいらっしゃるからです。

例えばある育毛剤の場合は、口コミにその効果に関する違いがよく表現されています。

というのもその育毛剤を使っている方の約4割くらいの方は、効果は今一つと感じているのです。

ところがそれを使っている方の1割は、劇的な効果を感じています。

例えばある方などは、3日程度で効果を実感しているのです。

つまり育毛剤を使ってから4日も経過しないタイミングで、毛髪の状況が変わっている事になります。

育毛剤を使って3日で高価が発揮されるというのは、かなり早い方ですね。

どれだけ早くても、1ヶ月ほどを要する事が多いからです。

そのような方々は、約1割位見られる状況になります。

このように育毛剤というのは、かなり個人差が大きいです。

結局は、やはり相性の問題があるのでしょう。

頭の乾燥が強い方の場合は、保湿性が高い育毛剤などが望ましい訳です。

そしてホルモンバランスが悪いならば、やはりそれに適して育毛剤を選ぶのが良いでしょう。

その選別が上手く行っていれば、上記のように3日程度で効果を発揮する事がある訳ですね。

なぜ冬ではなく9月頃に育毛剤の売れ行きが高まるか

育毛剤は、季節と大きな関係があります。

特定のシーズンになると、その薬剤に対する需要が高まる事が多いからです。

とりわけその需要が高まるのは、9月頃になります。

いわゆる夏休みが終了した時期に育毛剤の売れ行きも高まる事が多い訳です。

なぜその時期に売れ行きがアップするかというと、恐らく紫外線の影響ではないでしょうか。

そもそも人々の抜け毛の原因は、紫外線と密接な関係があります。

夏の時期になりますと、他の季節に比べれば紫外線は多くなりがちです。

そして紫外線は、毛髪に対して悪い影響を及ぼす傾向があるのです。

頭皮に対して多くの紫外線が当たってしまえば、もちろん抜け毛なども多くなってしまうでしょう。

ところが育毛剤は、それを対抗できる力があるのです。

夏の紫外線によってダメージを受けてしまった頭皮に対して育毛剤を塗ってあげれば、毛髪に対する環境を回復するでしょう。

夏の時期に一旦は薄くなってしまった毛髪が、育毛剤によって解消されると見込める訳です。

ですので9月頃の時期には、育毛剤の売れ行きも高まっていると言われています。

逆に冬の時期などは紫外線が少々少なめです。

それだけに、育毛剤の売れ行きはやや下火になっている傾向があります。

育毛剤の効果とドライヤー

育毛剤の効果をアップさせるためにできることはたくさんあります。

基本的なことは頭皮の汚れをきれいに洗い流し、育毛剤の浸透効果を高めるというものです。

とにかく育毛剤の使用前に頭皮を清潔にしておくことは非常に重要です。

多くの人はこの点の重要性を理解しているために、育毛剤を使用する前にお風呂に入って頭皮の汚れを落とします。

育毛剤の中には頭皮が乾かないうちに使用できるものもあれば、頭皮を乾かしてからでなければ使用できないものもあります。

頭皮を乾かしてから使用するタイプの育毛剤の場合、注意すべき点があります。

それは自然乾燥には危険が伴うという点です。

塗れた髪の毛や頭皮を自然乾燥させるには時間がかかります。

そしてその間に雑菌が繁殖してしまうことがあるのです。

雑菌が繁殖するならせっかく汚れを落とした頭皮に再び汚れが生じてしまうことになり、育毛剤の効果が薄れてしまうのです。

そのため入浴後に髪の毛や頭皮を乾かしてから育毛剤を使用する場合、ドライヤーを用いて髪の毛と頭皮を乾かすようにします。

即座に乾かした頭皮には雑菌がおらず、育毛剤の浸透が何にも邪魔されることはありません。

あまり知られていないことかもしれませんが、ドライヤーは非常に大きな役割を担っているのです。

こんな人は血行促進成分配合の育毛剤を使用すべき

薄毛の原因は人によって様々ですが、その原因の一つには頭皮の血行不良があります。

頭皮を流れる血液の循環がスムーズでなければ髪の毛を作る栄養素が毛母細胞にうまく送られず、弱々しい髪の毛が生えてきます。

これが薄毛の原因となるのです。

頭皮の血行が悪いことで生じる薄毛に効果的なのが血行促進成分が配合され育毛剤です。

しかし問題はどのようにして自分の薄毛の原因を知ることができるかという点です。

もし自分で原因を知ることができなければ、専門家の意見を聞くのがベストです。

しかし自分の状況をよく考慮することで、薄毛の原因をある程度追究することができます。

たとえば運動が苦手でしばらく体を動かしていない人、脂っこいものが好きであり、そのようなものを頻繁に食べている人、ストレスを抱えやすい人、そして頭皮が硬くなりがちな人は頭皮の血行不良による薄毛である可能性が高いといえます。

センブリエキスやニンジンエキスなどは血行促進作用があることで知られており、育毛剤にもよく使用されている成分です。

これらは天然成分ですので副作用の心配もありません。

もし育毛剤を使用したことがなく、これから使用することを考えているなら、このような天然成分をメインとした育毛剤を使用するのがベストです。

育毛剤で予防を考える

髪の毛は、抜け始めてしまうと一気に減ってしまうものです。

そのため、早い段階で脱毛を予防することに力を入れる必要があります。

たいていの人は、若いうちから髪の毛が抜けてしまうわけではなく、ある程度の年齢から抜けるようになるものです。

しかし、抜け始めてから対策を立てるのでは遅すぎます。

十分な髪の毛があるからといって、安心することはできません。

しっかりと育毛剤を用いて、脱毛を予防することが大切なのです。

きちんと予防をしている人は、髪の毛のトラブルに悩まされにくくなります。

脱毛がいつ始まるかは誰にも分からないので、予防を始めるのは早い方が良いです。

育毛剤に似たものとして、発毛剤などがあります。

髪の毛が抜けてしまうのを予防したい場合、発毛剤を使用するのは適切ではありません。

発毛剤というのは、育毛剤と似ているものですが、用途は異なるものなのです。

発毛剤は、髪の毛を生えさせることを目指して使用するものなので、予防のために用いるものではないのです。

予防を考えている場合は、育毛剤を選ぶ必要があります。

商品を確認する際に、きちんと育毛剤という表示があるかどうかを見なければなりません。

間違った商品を使用していると、正しい効果が得られなくなります。

肌が弱いので育毛剤は慎重に選びました

私は30代の半ばなのですが額の髪の生え際がM字型に後退してきています。

M字型の薄毛は男性に多いと思うので女の私の髪の毛がM字型に薄くなりはじめたころは本当にショックでした。

もともと髪の毛は細くてまとめずらい髪質だったのですが30代になったころから更に髪質が悪くなってしまいました。

いつも髪の毛を後ろに引っ張って束ねていたのも生え際が後退した原因なのかも知れません。

そのまま放置することもできないのでネットショップで見かけた女性用の育毛剤で頭皮ケアを始めています。

ネットショップでクチコミを参考にして育毛剤選びをしました。

私の肌は敏感で基礎化粧品を選ぶときも慎重です。

ちょっとでも肌に合わないとすぐに肌荒れを起こしてしまうのです。

頭皮も肌も同じだと思うので育毛剤も注意して選ぶ必要があると思いました。

ネットショップで探して敏感肌や乾燥肌の女性でも安心して使えるという育毛剤を見つけることができました。

界面活性剤が入っていなくてパラベンフリーで無着色、無香料の育毛剤です。

天然成分由来の育毛成分だけで作られている育毛剤です。

これなら安心して使えそうだと思い私も買ってみました。

化粧水のような使い心地で肌荒れも起きていないので安心して使えています。

あとはこれで育毛効果が出てくれたら良いと思っています。

20代の女性にオススメの育毛剤

近頃は女性も薄毛を気にしている人が多く、さらに20代の薄毛も増えています。

20代で起こる薄毛は、加齢が原因というよりは生活環境が悪かったり、ストレスが原因で起こる場合が多いです。

また、髪の毛に負担がかかるシャンプーや髪型、カラーリングが原因の場合もあります。

そういった場合は、生活環境、食生活などを整えるだけである程度改善することは出来ます。

しかし、なかには、仕事などで環境を変える事が難しい場合は、育毛剤を使うというのも良いです。

では、20代の女性の薄毛に効く育毛剤を紹介します。

まず、育毛美容液ベルタはテレビや雑誌で紹介されるほどの話題になっており、理由は期待できる効果が高いという事から人気があります。

また、産後の抜け毛にも良いと言われています。

次は、マイナチュレです。

マイナチュレは、抜け毛、薄毛で悩む女性のために開発されたもので、20代の女性からも高い支持を得ています。

また、モニター参加者からも満足度87.3%とかなり良い結果になっています。

このように、20代の女性にも合う育毛剤はたくさん販売されています。

20代で女性が育毛剤なんてと抵抗がある人もいると思いますが、今は育毛剤っぽくないオシャレなデザインも多いで周りから育毛剤だとは分からないようになっています。

ですので、薄毛に悩んだら、積極的に育毛剤の利用をオススメします。

育毛剤を使う前に頭皮を撮影しておく

育毛剤には様々なタイプがあるため、自分の頭皮の環境に最善なタイプを選んでいく必要が有ります。

雑誌などに掲載されている育毛剤の広告を見て、良さそうな成分が含有しているかどうかは確認します。

いくつものブランドの育毛剤が販売されていますが、含有されている成分が重複している部分があります。

これは効果が高いとされている成分であり、人気となる育毛剤に関与している成分となれば別の育毛剤にも同じように含有される場合があるのです。

このような、効果の高い成分を見逃さずにチェックする事によって、よりリーズナブルで効果の高い育毛剤を選択することができるかもしれないのです。

毎年のように新しい育毛剤がリリースされるので、その育毛剤の内容をチェックして良さそうなタイプであれば、購入して使い始めるのです。

そして、現在使っているタイプと新しいタイプとの違いを自分の頭皮であくにんするようにします。

この時育毛剤の変化量がよく分からない場合は、使い始める段階で頭皮の写真を撮影しておきます。

そうすることによって数ヶ月後の頭皮の写真と威嚇することによって、育毛剤の効能をチェックしていくことが出来るのです。

これを習慣化していけば、様々な育毛剤の違いを比較出来るようになるはずです。

効果のある育毛剤の選び方

髪が薄くなってきたなと感じたら、ぜひ試しておきたいのが育毛剤です。

健康的な髪の毛の成長に効果がある成分が含まれているので、使い続けることで確かな実感が得られます。

抜け毛予防としても効果があり、薄くなる前に始めるのも効果的です。

使用するにあたっては、自分に合った商品を見つけ出すことから始めます。

市場には多くの商品が出回っているので、よく比較した上で本当に効果のあるものを選ぶようにします。

育毛剤を選ぶ際に重視するポイントとしては、製造メーカーの信頼性があげられます。

肌に直につけて使用する製品であるため、何かトラブルがあると大変です。

大企業の製品であれば、長期間に渡る臨床実験を経た上で発売されているので安心です。

万が一商品に不具合があった時でも、消費者に対する適切な対応が期待できます。

信頼できる企業が販売している商品であるか、市場での評価や他製品の評判も含めて見極めるようにします。

育毛剤に含まれている成分の質も大切です。

一見すると効果がありそうに見えても、確証がないものもあります。

実験などで発毛効果が認められている成分であるか確認し、その含有量が多いかについてもチェックしておくと高い効果が期待できます。

これらについてはパッケージを見る以外に、メーカーのホームページなどでも詳細を確認できます。